不安障害をお得に改善!バスピンを活用しよう

睡眠薬

ストレス社会といわれるようになった今の日本で、多くの人を悩ませている精神症状。

数ある精神症状のうち、代表的なものの1つといえるのが不安障害です。

 

不安障害は、日々の生活の中で漠然とした不安や心配を感じ続ける病気です。

過度な不安や心配、緊張などが引き起こされて日々の生活に支障をきたし、些細なことにも過敏に反応してしまいます。

適切な治療をせずに放置していると、過度な不安から睡眠状態も悪化して不眠症の引き金になる可能性もあります。

そのため、不安障害と疑われる症状があるときは速やかに対処し、症状を改善する必要があります。

バスピンとは?

不安障害に効果的な医薬品の1つに、バスピンがあります。

バスピンは、海外の製薬会社で作られている医薬品の1つで、世界中で多くの方に愛されています。

抗不安作用と催眠作用をもっているのが特徴で、精神のバランスを整えて過度な不安や緊張を和らげます。

不安や緊張などの症状が引き起こす不眠症にも効果が期待できるため、不眠症を併発している場合にもお使いいただけます。

 

バスピンに配合されている有効成分は、ブスピロンです。

ブスピロンは、世界的に有名な抗不安薬であるバスパーにも配合されている成分です。

脳内の神経伝達物質に作用することで効果を発揮し、さまざまな不安症を改善へと導きます。

この成分にはセロトニンという神経伝達物質の分泌を促す働きがあり、脳内のセロトニン濃度を高める効果があります。

セロトニンの濃度が高まると、神経の活動が活発化してドーパミンやノルアドレナリンといったその他の神経伝達物質の働きも必要な分だけ高まります。

その結果、常に感じている不安や憂鬱などが抑えられ、不安症の症状が緩和します。

 

また、セロトニンには神経伝達物質の働きを助ける効果のほかに、眠りにつきやすくする効果もあります。

不安や緊張、憂鬱などが抑えられて精神が安定すると、脳の過度な興奮状態が抑えられます。

これにより、心と体がリラックスした状態になって眠気が起き、スムーズに眠りにつけるようにします。

不安症そのものだけでなく、不眠症も改善できるのがバスピンの大きな魅力です。

 

バスピンの正しい飲み方について

不安障害に対して使用する場合、1日2回、1回につき1~3錠を水やぬるま湯と一緒に服用します。

不眠症の改善を目的とする場合は、1日1回、就寝前に1~3錠を水やぬるま湯と一緒に服用してください。

 

量を増やす場合は5mgずつ増量してください。

1回あたりの服用量の目安は10~15mgで、1日の最大用量は60mgと定められています。

効果は服用後1~2時間ほどであらわれはじめ、約7時間もの間、効果が持続します。

バスピン服用に関する注意点など

【バスピンの服用が禁止されている人】

・18歳未満の方

バスピンは、18歳未満の方の服用するのは推奨されていません。

 

・妊娠中あるいは授乳中の方、妊娠の可能性がある方

お腹にいる胎児や、母乳を飲み込む乳児に影響が出る可能性が考えられます。

 

・肝臓や腎臓に何らかの症状がある方、てんかんやパーキンソン病の症状がある方

これらの症状を改善する医薬品に、バスピンと併用できない可能性が高い成分が含まれている場合があります。

また、肝臓や腎臓に症状がある場合、バスピンの成分の代謝が遅れて体内に長くとどまりすぎ、効果や副作用が強まるおそれがあります。

【バスピンとの併用が禁止されている医薬品】

・抗うつ薬

バスピンは、精神を安定させる作用がある医薬品です。

同様に精神を安定させる抗うつ薬と併用すると、効果が強まりすぎてしまう危険性があります。

・MAO阻害薬

バスピンと併用すると、危険な相互作用が引き起こされてしまうおそれがあります。

過去14日間にMAO阻害薬を服用した場合は、バスピンの服用を避けてください。

【バスピンを服用する際の注意点】

・2回分を一度に服用しないでください

1回あたりの服用量を厳守し、飲み忘れた場合は気付いた時点ですぐに服用してください。

次の服用時間が近い場合は、忘れた分の服用はしないでください。

 

・急性隅角緑内障や重症筋無力症の症状がある方

・ベンゾジアゼピン系のニトラゼパムやテマゼパム、鎮痛薬、催眠薬の処方を受けている方

これらの症状のある方や、医薬品の処方を受けている方は事前にかかりつけの医師へご相談ください。

 

・グレープフルーツやアルコールの摂取を控えてください

グレープフルーツには、ブスピロンの血液中の濃度を上昇させる酵素が含まれています。

特にグレープフルーツジュースには、その酵素が豊富に含まれていますので大量に摂取しないようご注意ください。

また、アルコールと併用すると効果が強まったり、副作用が起きやすくなったりするおそれがありますのでご注意ください。

バスピン服用時の副作用について

強い眠気や頭痛、無気力、立ちくらみなどが主な副作用として報告されています。

ほかにも、神経過敏や不眠、めまい、うつ、疲労、母乳分泌不足などの症状があらわれることもあります。

 

また、心機能障害や呼吸器疾患、胸部疾患、腎障害などが報告されています。

服用後、副作用と思われる何らかの症状があらわれた場合は、速やかに服用を中止してかかりつけの医師へご相談ください。

バスピンを服用している人の口コミ

・男性 40代

眠気が起きると期待して服用しましたが、効果はあまり感じられませんでした。

不安には少し効果があったので、全く効果がないというわけではなさそうです。

睡眠薬としてよりも、抗不安薬としての効果を期待したほうがいいかと思われます。

・女性 20代

生粋の不安障害持ちで、眠れぬ夜を過ごしていた私を救ってくれたお薬です!

デパスと変わらない効き目があるので、デパスの代替品にもいいと思います!

いつもリピ買いしてます、またお世話になります~。

・女性 50代

しばらく飲み続けましたが、全く効き目がありませんでした。

インターネットでは良さそうな評価だったのもあり、がっかりしました。

・男性 30代

今のところ、僕の体には合っているようです。

これを飲めば、心配事で不安な夜もぐっすりと眠れるので助かっています。

不規則な生活リズムで上手く眠れない日もありましたが、バスピンのおかげでそんな日も減ってきています。

・男性 20代

インターネットの口コミで結構評判良さそうだったので、試しに購入しました。

最初は病院の薬よりも効いてたけど、次第に効きにくくなっていきました。

このまま使い続けるか現在は検討中です。値段は安くて手に入れやすいですね。

バスピンの購入方法

バスピンは、日本では承認されていないバスパーのジェネリック医薬品です。

日本国内の病院やクリニックでは処方してもらえず、日本国内では入手することができません。

海外から商品を購入する個人輸入代行の通販を利用する必要があるので、バスピンが必要な際は通販を利用しましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました