お得に不眠症を改善できるハイプロンで安眠生活!

睡眠薬

日本はもちろん、世界中の多くの方々を悩ませている症状である不眠症。

不眠症は、良質な睡眠を得ることができず、寝付きの悪さや日中の眠気、倦怠感や集中力の低下などを引き起こす症状です。

放置しても治らず、睡眠不足が重なると重篤な症状の引き金になる可能性もあるのできちんと対策する必要があります。

ハイプロンとは?

ハイプロンは、不眠症の改善に使われている睡眠薬のうち、海外で作られているものの1つです。

超短時間型に分類される睡眠薬で、効き目があらわれるまでの時間が短く、スピーディーに効果を得られます。

そのため、なかなか寝付くことができなくなる入眠障害や、途中で目覚めてしまう中途覚醒の改善に適しています。

睡眠の仕組みに悪影響を与える心配がなく、自然に近い睡眠を誘って不眠症を改善へと導きます。

 

ハイプロンには、有効成分としてザレプロンが配合されています。

ザレプロンは、非ベンゾジアゼピン系に分類される睡眠薬の成分で、中枢神経に作用して効果を発揮します。

脳内にあるベンゾジアゼピン受容体という部位に結びつく性質があり、この部位と結びつくことで脳内の神経を抑制させる神経伝達物質の働きを助けます。

これによって脳の過度な興奮を抑えて眠気を誘い、不安や緊張を和らげて眠りにつきやすくします。

神経の高ぶりを抑えて気持ちを落ち着かせ、根本的な部分から症状を改善へと導くため、高い効果を期待することができます。

 

肝心の作用は強くなく、穏やかなものなのでふらつきや転倒のリスクが軽減されています。

朝に効果が残る心配も少なく、すっきりとした目覚めを得ることができます。

より安全に効き目を得られるよう作られているので、今まで一度も睡眠薬を服用したことがない方でも安心してお使いいただけます。

 

ハイプロンは、日本国内でも取り扱われているソナタのジェネリック医薬品です。

ソナタと同等の効き目をお得な価格で得られるため、薬代を抑えつつ不眠症を改善したい方々の間で注目されています。

ハイプロンの正しい飲み方について

1日1回、1カプセルを就寝時間の30分から1時間前、もしくは就寝後の寝付けないときに服用します。

高齢者の方や低体重の方、肝臓に何らかの症状がある方は、1日あたりの用量を0.5カプセルに変更しての服用が推奨されています。

 

効果には個人差がありますが、多くの場合、服用後30分から1時間ほどであらわれます。

効果は5時間ほど持続し、それ以上の時間が経過すると体から抜けていきます。

ハイプロン服用に関する注意点など

【ハイプロンを服用する際の禁止事項】

重症筋無力症や急性隅角緑内障の方が服用すると、症状が悪化する危険性があります。

肺性心や肺気腫、喘息および脳血管障害などの症状が急性期にあり、呼吸機能が低下している方の服用も同様の理由で禁止されています。

 

1回あたりの用量を無視して2回分を一度に服用すると、効果や副作用が強くあらわれる危険性が高まります。

また、服用後4時間以上の睡眠が取れない場合、物忘れをはじめとした症状があらわれる危険性がありますので旅行中、特に飛行機での服用は避けてください。

眠気やめまいが引き起こされる危険性があるため、ハイプロンを服用している間は車の運転や危険を伴う機械の操作、高所での作業を避けましょう。

【ハイプロンとの併用に注意が必要な医薬品】

ほかの睡眠薬と同様、ハイプロンには併用に注意が必要な医薬品があります。

具体的には、筋弛緩薬やスキサメトニウム塩化物水和物、ツボクラリン塩化物塩酸塩水和物、パンクロニウム臭化物、中枢神経抑制薬がこれに該当します。

これらの医薬品とハイプロンを併用すると、効果が強まってしまうおそれがあります。

 

また、代謝酵素であるCYP3A4を阻害する医薬品と併用すると、ハイプロンの代謝に影響が出て効果が強まってしまいます。

呼吸抑制が引き起こされる危険性があるので、麻酔時の服用は避けてください。

【ハイプロンを服用する際の注意点】

妊娠中の方や妊娠の可能性がある方、授乳中の方は事前にかかりつけの医師へご相談ください。

また、服用してからも活動を続けると、眠気やふらつき、めまいなどの症状による転倒事故が起きる危険性があります。

そのため、就寝直前に服用し、服用後は無理に活動を続けないようにしてください。

 

食事と一緒、もしくは食直後に服用すると睡眠作用が弱まってしまうおそれがあります。

アルコールとの併用にも注意が必要で、ハイプロンの効果を強めてしまったり副作用が起きやすくなったりしてしまいます。

ハイプロンを服用する際は、極力アルコールを摂取しないように心がけましょう。

ハイプロン服用時の副作用について

主な副作用として、眠気やめまい、立ちくらみなどが報告されています。

まれに深刻なアレルギー反応が引き起こされる可能性もあるので、服用する際はアレルギー症状にも注意しましょう。

 

重篤な副作用では、アナフィラキシーショックや一過性前向性健忘、意識障害、精神症状などが報告されています。

呼吸抑制や肝機能障害、もうろう状態、依存といった症状がみられることもあります。

服用後、これらの症状がみられた場合は速やかに服用を中止し、かかりつけの医師の診察を受けてください。

ハイプロンを服用している人の口コミ

・男性 20代

めちゃくちゃ効き目いいです。

睡眠薬はいろいろ使いましたがこれが一番効いてる気がします。

値段も安くて買いやすいです。またなくなったらリピします。

・女性 30代

それまで使っていた睡眠薬の代替品にならないかと思って試しました。

前はルネスタでしたけど、ハイプロンでも効果はあんまり変わらないように感じました。

病院のルネスタよりはるかに安いし家で簡単に買えるので、これからはハイプロンを使うことにします。

・女性 30代

1シート飲み続けても効果が全くありませんでした。

ネットでは結構評価高いのに・・・本当に効果あるんですかこの薬。

・男性 40代

飲んですぐ、体が温まるような感覚がしてそのあとに眠気がきました。

飲み始めてすぐは効果がありましたが、続けて飲んでいたらすぐに効果がなくなりました。

・女性 20代

ハイプロンを飲み続けてもう数年のヘビーユーザーな私。

前はソナタだったんですけど、こっちのほうがお値段すっごく安いじゃーん!って気付いてからはハイプロン一筋。

すっごい効き目がよくて、朝までぐっすり眠れちゃうのでおすすめです!

ハイプロンの購入方法

ハイプロンは、病院やクリニックでは処方してもらえない医薬品です。

そのため、入手法はインターネットで利用できる個人輸入代行の通販に限られています。

個人輸入代行の通販で取り扱われている睡眠薬のうち、ハイプロンは知名度が高いものの1つなので簡単に見つけることができます。

価格もソナタに比べるとはるかに安いため、ハイプロンの購入は通販の利用がおすすめです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました