入眠障害でお悩みの夜は!ハイプナイトでぐっすり安眠

睡眠薬

日本で多くの方々を悩ませている不眠症には、大きく分けて「入眠障害」「中途覚醒」「早朝覚醒」「熟眠障害」という4つのタイプに分けられます。

これらのタイプのうち、ハイプナイトが効果を発揮するのは主に「入眠障害」です。

入眠障害は、布団やベッドに入っても30分から1時間以上もの間、眠りにつくことができない症状で20%弱の成人がこの症状に悩んでいるといわれています。

ハイプナイトとは?

ハイプナイトは、海外の製薬会社で作られている超短時間型の睡眠薬です。

はじめて睡眠薬を服用する方にも使いやすく作られている、初心者の方でも安心して服用しやすい医薬品です。

日本で高い人気があるルネスタという睡眠薬のジェネリック医薬品のため、リーズナブルな価格でルネスタと同等の効果を得られます。

数ある睡眠薬のうち、ハイプナイトは入眠障害の改善に適しています。

有効成分にエスゾピクロンという、既存の睡眠薬に使われている成分を改良して作られたものが配合されています。

中枢神経に作用して脳の活動を抑え、脳内にある抑制性の神経伝達を担う物質の働きを高めます。

これにより、脳の活動を抑えて興奮しないようにし、リラックスした状態へと導きます。

このような仕組みによって自然に近い眠気を誘い、入眠障害の症状を改善し、スムーズに眠れるようにします。

 

また、ハイプナイトは不安や緊張といった精神的な症状にも効果が期待できます。

不安や緊張は不眠症を引き起こす原因になることもあり、入眠障害の中にはこれらが原因で引き起こされているものもあります。

脳の興奮を抑えて眠気を誘うのと同時に、精神的な症状が原因による入眠障害にも高い効果が期待できるため、より効果的に症状を改善できます。

うつ病や不安症といった精神的な症状が原因による不眠症も改善できるのが、ハイプナイトの大きな魅力です。

 

このような特徴があるハイプナイトは、長期的に服用しても効果の減弱がそれほどみられません。

依存性や翌日に眠気が残ってしまう心配も少なく、すっきりとした目覚めを得られます。

ハイプナイトの正しい飲み方について

1日1回、就寝前に1錠を水やぬるま湯と一緒に服用します。

はじめて服用する際は少量から服用を開始し、少しずつ用量を増やしていってください。

服用してから30分から1時間後に効き目があらわれはじめるため、就寝30分前には服用してください。

効果は約5時間で、5時間を超えると薬が体から抜け始め、次第に途切れます。

ハイプナイト服用に関する注意点など

【ハイプナイトを服用する際の禁止事項】

症状が悪化する危険性があるため、急性の閉塞隅角緑内障や重症筋無力症の症状がある方、喘息や肺気腫などの症状によって、呼吸機能が非常に低下している場合も服用を禁止されています。

該当する症状がある方は、ハイプナイトの服用を避けてください。

 

妊娠中や妊娠の可能性がある方、授乳中の方はハイプナイトの服用を控えてください。

自己判断で服用を中止するとかえって症状が悪化するおそれがあるため、ハイプナイトの服用を中止したくなった際は必ずかかりつけの医師へご相談ください。

【ハイプナイトと一緒に服用してはいけない医薬品】

ハイプナイトは一部の医薬品と飲み合わせが悪く、場合によっては重篤な症状を引き起こす可能性があります。

抗うつ薬をはじめとした精神や神経に作用する医薬品と併用すると、ハイプナイトの効き目が強くなったり副作用があらわれやすくなったりする危険性があります。

また、リファンピシンやイトラコナゾールを含んだ医薬品とも飲み合わせが悪く、併用すると相互作用を引き起こす可能性があります。

すでにこれらの医薬品を服用している方や、何らかの医薬品を服用している方は事前にかかりつけの医師へご相談ください。

【ハイプナイトを服用する際の注意点】

心臓や肝臓、腎臓などの臓器に何らかの症状がある方は、服用する際に注意が必要です。

脳に何らかの症状がある方や高齢者の方、体が弱っている方も同様に注意してください。

また、眠気が引き起こされるため、服用中は車の運転や危険を伴う機械の操作、高所での作業を避けてください。

服用後も活動を続けると、ハイプナイトの作用によってふらつきや転倒が起きる危険性があるので、服用後は活動を続けずに寝具に入ってください。

 

ハイプナイトを服用する際は、飲み物にもご注意ください。

アルコールと一緒に摂取すると、ハイプナイトの効果が強まってしまうおそれがあります。

また、カフェインはハイプナイトの効果を弱めるおそれがあるため、就寝前にカフェインを多く含んだ飲み物を摂取するのを避けましょう。

ハイプナイト服用時の副作用について

翌朝にまで眠気やめまい、倦怠感、脱力感などが残ることがあります。

発疹やそう痒感といった皮膚症状や、傾眠、頭痛、喉の渇きといった症状も報告されています。

口の中が苦く感じられる味覚異常も報告されているため、必要に応じてうがいや歯磨きなどの対処をしてください。

 

重篤な副作用では、肝臓障害や一過性前向性健忘症、呼吸抑制、異常行動や夢遊症状などの精神症状が報告されています。

これらの症状があらわれた際は、速やかに服用を中止してかかりつけの医師の診察を受けてください。

ハイプナイトを服用している人の口コミ

・男性 50代

仕事が忙しくなってきたのにあわせて眠気も起きにくくなり、眠れずにいました。

病院で入眠障害といわれたので、安く手に入れられるハイプナイトを服用。

あまり見かけない睡眠薬でしたが、結構効いたのでもう少し続けてみます。

・女性 30代

苦いって噂ですけど、全然そんなことありませんでした!

アモバンを飲んでたこともありますが、似たような効き目で使いやすかったです。

むしろアモバンより飲みやすかったかもしれません。

・男性 20代

飲んでも全然効かなくて眠れないままでした。

ジェネリック薬で安いしいいかもと思ったのが間違いでした。

海外の薬はやっぱり日本人の体質には合わないのかもしれません・・・普通に病院の睡眠薬にしたほうがいいと思います。

・女性 20代

ルネスタを毎回病院で処方してもらうのが大変だから、ハイプナイトに切り替えましたv(^_^)

めちゃめちゃ効き目バツグンで、これさえあればぐっすりって感じです~!

でも苦いのがマジでキツい(X_X)

・女性 40代

副作用の頭痛が少々つらく、結局途中でやめました。

効き目はよかったのでもう少し続けたかったんですが……残念です。

ハイプナイトの購入方法

ハイプナイトは日本国内ではまだ承認されていないため、病院やクリニックで処方してもらうことができません。

そのため、ハイプナイトを手に入れるには個人輸入代行の通販を利用しなくてはなりません。

 

個人輸入代行の通販は、インターネットで話題を集めている通販です。

病院やクリニックを利用した場合よりも、さまざまな睡眠薬を安く手に入れることができるので薬代を無理なく抑えられます。

はじめて個人輸入代行の通販を利用する方でも簡単に利用できるため、今まで通販を利用したことがない方にもおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました