ルネスタジェネリックで不眠解消

ストレス社会と呼ばれる現代の日本において、深刻な問題となっているのが不眠です。

不眠と一口に言っても、その種類は非常に多くなっています。

 

そのため、不眠=眠りにつけないといった認識はあっているけど、完全な正解ではないという状況なのです。

最近、眠りの質が悪い、寝付けない、寝れても長い時間眠れない。

そうした人は是非一度、当サイトをご活用ください。

 

不眠に悩む人の割合とは?

実際に日本で不眠に悩む人はどの程度いるのでしょうか?

厚生労働省が行っている国民健康・栄養調査というものがあります。

平成29年に行われた調査結果では、ここ1か月間で充分に睡眠がとれていないという割合が21.9%となっています。

28年の結果は、20.9%であり不眠に悩む人が増えているのが把握できます。

更に、時代を遡って平成24年の結果をみると、十分に睡眠を取れていない人の割合は、16.3%と、今と5%も違いがあるのです。

 

以前に比べて、より多くの人が不眠に悩んでいるというのが、この厚生労働省の調査結果からも把握できます。

不眠症による被害はいろんな場面で現れる

不眠症は、大きく分類すると睡眠障害の一種です。

睡眠時間が思うように確保できず、結果的に疲労感、不安感、注意力や集中力の低下などの状態が1ヶ月以上続いている状態を不眠症と診断されます。

精神的な問題の他に、食欲減退や日中の眠気など体への症状も見られます。

不眠症の診断に睡眠時間の長さは関係なく、本人の体が睡眠時間に満足しているかどうかが重要になります。

不眠症は睡眠不足という直接的なトラブルだけでなく、高血圧、脳梗塞などの循環器系の病気、うつ病などの重い病気の引き金になることもあります。

不眠症を引き起こすきっかけは人それぞれですが、誰もが発症する可能性のある病気です。

睡眠時間に関する不安を感じていたら、医療機関に相談してみるのも立派な手段です。

不眠症は睡眠ホルモンが足りていない?

人の体内には神経伝達物質という物質があり、精神的な安定や興奮状態に影響を与えています。

100種類を超える神経伝達物質の中でも、セロトニンは特に重要になる物質の1つです。

セロトニンは、昼間は神経伝達物質として活動していますが、夜はメラトニンという睡眠ホルモンの原料になるのです。

メラトニンは体内時計を整え、夜になると自然な眠りに就けるように睡眠ホルモンとして活躍します。

昼間のうちにセロトニンが日光を浴びておくことで、夜のメラトニンが増えやすくなります。

しかし、近年は昼夜逆転で夜でも明るい場所が多くあったり、昼間に日光を浴びる機会が少なくなったり、メラトニンが分泌されにくい環境が増えてきています。

このような現象によって、睡眠ホルモンが不足しがちなことも不眠症患者の増加につながっていると考えられています。

不眠症の種類

不眠症の症状は、大きく分けて4つのタイプが見られます。

自分に当てはまる不眠症の症状がどれなのか把握しておくことが、症状改善の近道にもつながります。

症状によっては不眠症だという自覚に至りにくいこともあります。

入眠障害

寝付きが悪く、横になってから眠りにつくまでに1時間以上かかる。

不眠症の中で特に多く見られる症状。

中途覚醒

眠っていても、夜中に何度も目が覚める。

早朝覚醒

起床時間よりも早く目が覚めて、その後なかなかもう一度眠ることができない。

熟眠障害

眠りが浅く、疲れが取れない。眠っても眠れた気がしない。

 

定番の睡眠薬といえば「ルネスタ」一択!

ルネスタは睡眠障害治療でよく処方される睡眠薬です。

睡眠薬の中では定番中の定番といっても良いお薬で、有効成分であるエスゾピクロンが脳の働きを穏やかにすることで眠りやすい状態へ導きます。

 

現在、睡眠薬にはいろいろな種類があり、それぞれ特徴が違いますので症状に応じて使い分けられます。

ルネスタは睡眠薬の中でも初めて睡眠薬を使用する方に人気のお薬です。

その理由は3つあります。

 

即効性に優れている

睡眠薬は不眠症状に応じて薬を処方しますが、ルネスタは超短時間型睡眠薬に分類されます。

超短時間型睡眠薬は即効性に優れた特徴を持っており、服用30分ほどでどんどんと眠気を感じてきます

そのため、布団に入ってもなかなか寝付けない…という悩みを持つ方にぴったりの睡眠薬です。

 

 

翌朝まで眠気が残らない

睡眠薬の種類によっては、途中で目が覚めてしまわないように長時間効果が持続するものもあります。

ですが、持続性が高い睡眠薬は、翌日まで眠気が残ってしまうこともあり、仕事や生活面で支障が出る恐れがあります。

ただ、ルネスタの効果は比較的早く消失していきますので、翌日まで眠気が残ることはありません

有効成分のエスゾピクロンが体内から完全に抜けるまでには約1日かかりますが、強い睡眠作用があるのは5~6時間程度なので、起床時間には効果はほぼ切れた状態になります。

今まで睡眠薬を使うと翌朝眠くて辛かった…とう方はルネスタなら翌朝スッキリ目覚められるでしょう。

 

依存性が少ない

睡眠薬を服用するようになると、今後睡眠薬なしでは眠れなくなってしまうのでは?と思っている方も居ますが、ルネスタに関しては依存性が少ない睡眠薬なので安心して使用できます。

ただし、ルネスタを飲めばすぐに眠れる、副作用も少ないといった理由で精神的に依存してしまう可能性はあります

そのため、薬自体の依存性は少なくても、自分自身がルネスタに依存しないよう気をつけましょう。

 

通販でルネスタジェネリックなどを手に入れて改善を

現状、眠れずに辛い思いをしているという場合は、すぐに睡眠を改善すべく、動き始めるべきと言えます。

現在は、以前と比べて安全な睡眠薬も多くなっていますし、そうした睡眠薬を通販(個人輸入)で手に入れることができるようになっています。

 

また、今は睡眠薬以外にも睡眠へと導くようなサプリメントの種類も非常に豊富です。

そのため、ルネスタジェネリックなどの睡眠薬を使って不眠を改善していくのに不安があるような場合には、通販を利用してサプリメントなどを購入して使ってみるとよいでしょう。

 

ルネスタジェネリックなどの睡眠薬とサプリメントの違いとは?

まずルネスタジェネリックなどを購入する前に、知っておきたいこととしてあるのが、サプリメントと医薬品の違いです。

それぞれ、似たようなものですが、それぞれで全く定義が異なっています。

ですから、この部分の知識を間違えてしまっていると大変なことになる可能性もあります。

 

まず、ルネスタやルネスタジェネリックなどは医薬品と呼ばれる種類に分類されます。

医薬品の中にも細かな分類があります。

処方箋医薬品と一般医薬品。

前者は、病院で医師から処方してもらって初めて手に入れられるもので、後者は薬局などで購入できる医薬品になります。

処方箋と一般の違いは、薬の強さや危険度にあります。

一般的に、医師の判断が無ければ手に入れられない処方箋医薬品の方が一般医薬品よりも高い効果を持っています。

その分、副作用などのリスク面も大きくなるので、専門家でもある医師から処方してもらう必要があるわけです。

 

一般医薬品は、効果は処方箋医薬品に比べると低くなりますが、その分だけ副作用のリスクが小さいため、処方箋無しでも薬局などで購入できます。

 

 

一方、サプリメントは医薬品とは違って、医師に処方してもらったりする必要はありません。

基本的にサプリメントに配合されている成分は天然由来のものであったりして、医学的な根拠があまりないケースもあります。

そのため、サプリメントは直接原因に対してアプローチして改善へと導くというよりは、原因を取り巻く環境を改善していき、原因を無くしていって最終的に改善を目指すといったものになります。

そのため、サプリメントを使って改善を行う場合には中長期に及ぶ服用が必要になるため、一刻も早く改善したいといった場合には向きません。

しかし、配合されている成分自体に副作用などの心配が全くないので、安心して使えるといったメリットがあります。

こうしたサプリメントは安心して使え、効果自体も医学的な根拠があったり検証されているわけではないので、実際に使って効果が出ないというケースもあるので、そうした部分での真贋を見極める力も必要になります。

 

通販で購入できるルネスタジェネリックは何医薬品?

医薬品とサプリメントの違いについて把握したところで、実際に不眠改善の効果を期待できるルネスタジェネリックは、どこに分類されるものなのでしょうか?

 

このルネスタジェネリックは、処方箋医薬品に分類される医薬品であるため不眠改善の効果は、医学的に証明されているものなので、使用することで確実な効果を期待できるようになっています。

 

その分、副作用などのリスクなどもあるので、使用には注意が必要です。

 

ルネスタジェネリックの通販を利用するなら

超短時間型で副作用のリスクも比較的小さいルネスタジェネリック。

寝つきが悪い、眠れないといった人に最適な睡眠薬として、病院でも処方されています。

 

ルネスタジェネリックの通販はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました